会長挨拶今年度の試合日程と結果役員と役割協会会則登録内規申合せ事項協会申込み用紙2015年度の結果 総会資料データ 各部会からの
試合要項
申込書など

社会人部会よりお知らせソフトバレー部会よりお知らせ

 

 

 

協会会則

第 1 章 総 則  
第1条  本会は、宇治市バレーボール協会称する。 
第2条  本会は、京都府バレーボール協会の加盟団体として、宇治市におけるバレーボールの普及発展とこれの統括を図ることを目的とする。 
第3条  本会は、宇治市内の社会人(職域、高校生以上の学生を含む)、家庭婦人、中学及び小学生によるクラブチームをもって組織する。なお、チーム登録その他については別途内規を設け、その運営に当たるものとする。 
第 2 章 事 業  
第4条 

本会は、本会の目的達成のために次の事業を行う。
  1.競技会の開催、主催、後援
  2.バレーボールに関する競技規則と審判に関する研究
  3.バレーボールに関する講習会の開催
  4.その他本会目的達成に必要適切である一切の事業 

第 3 章 役 員  
第5条  本会に、次の役員を置く。 
    会 長  1名         理 事   若干名 
    副会長  若干名        委 員   若干名
    理事長  1名         会 計   1名 
    副理事長 若干名        監 査   2名       
    常任理事 若干名 
  ほかに、名誉会長、相談役、顧問、参与を置くことができる。 
第6条  役員の任期は、2ヶ年とする。ただし再任を妨げない。
(名誉会長、相談役、顧問、参与は除く) 
第7条  会長、副会長、名誉会長、相談役、顧問、参与は常任理事会で推薦し、総会の承認を得る。 
第8条  会長は、本会を代表して会務を統括する。
副会長は、会長を補佐し会長に事故あるときはその職務を代行する。
相談役は、会長からの求めに応じ、第4章に定める会議にオブザーバーとして出席し意見を述べることが出来る。顧問は、会長の諮問に応ずる。参与は、常任理事会の諮問に応じ、本会の発展に協力するものとする。 
第9条  常任理事は総会で推薦選出し、会長を委嘱する。
第10条  理事長、副理事長は、常任理事の互選により選出し、会長が委嘱する。
理事長は本会の常務を統括する。
副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるときはその職務を代行する。 
第11条  会計は、常任理事会で推薦し、総会の承認を得て会長が委嘱する。
会計は、別の役員を兼ねることができる。 
第12条 監査は、常任理事会で推薦し、総会の承認を得て会長が委嘱する。
監査は、別の役員を兼ねることができる。
第13条 理事および委員は常任理事会で推薦選出し、会長が委嘱する。
第 4 章 会 議  
第14条  常任理事会は、会長、副会長、会計、常任理事で組織し、本会の常務を処理執行する。 
第15条  理事会は、会長、副会長、会計、常任理事、理事で組織し、本会の一般会務を執行する。 
第16条  総会は登録各チーム(代表者1名)に本会の事業、運営について説明し、本会の重要方針を協議、決議する。 
第17条 

すべての会議は、召集役員(代表者)の2分の1以上の出席で成立する。
すべての会議の議長は理事長があたり、決議は出席数の過半数の同意で成立する。
賛否同数のときは議長がこれを決する。 

第 5 章 専 門 委 員 会・部 会  
第18条  本会の、事業執行上日地用と認めた場合、常任理事会の決議を経て、各種専門委員会・部会を置くことができる。委員会・部会は常任理事、理事をもって組織し、専門的会務の執行にあたる。 
第 6 章 会 計  
第19条  本会の経費は、登録料、事業収入、補助金、寄付金、雑収入をもってこれに充てる。 
第20条  本会の会計年度は、毎年4月から翌年3月31日までとする。 
第21条  本会の予算並びに収支決算は、監査を経た上、総会の承認を受けるものとする。 
第22条  本会会則の変更は、総会の同意を必要とする。 

Copyright Association of Uji-shi volleyball All rights reseved 2008